防犯に効果の高い窓ガラスへの対策

住宅を守る防犯対策は窓ガラスに対しても忘れてはいけません。窓から侵入する手口は少なくなく、玄関から侵入する手口よりも多いのが現状だからです。窓ガラスから侵入する場合、窓の鍵、クレセントを解除するために窓を割るというのが主な手口です。決して大きく割る必要はなく、手が入ればいいだけなので、割ると言っても小さな穴が開けば泥棒にとっては十分です。不正な侵入に効果的な防犯対策は窓ガラスにフィルムを貼ったり補助錠を取り付けることです。フィルムを貼れば割ろうとしても割れにくくなり、補助錠があると鍵を開けるという行為が増えることになります。フィルムはクレセント錠の周囲を中心に貼り、補助錠はなるべく手が届きにくい窓の丈夫に設置すると効果的とされています。普段から施錠をキッチリしておくことも大切ですが、それとともにこれらの対策で備えておくことでより安心が得られます。

防犯には協力なガラスが有効的です

防犯面に木を配り、鍵を二重でかけても、まどなどから進入される可能性があります。防犯ガラスなら、泥棒が窓を割ろうとしても、二重に重なっているので簡単には割れません。また、たとえ絶対に割れないガラスでなくても、約5分ほど耐えられるガラスなら泥棒や侵入者もあきらめる可能性が高くなります。市販で販売されている防犯フィルムを一部だけに貼るよりは、すべての窓を進入を防ぐことに特化した強力なものにしたほうが進入される可能性が低いですし、安心です。また、二重になっていて分厚いということは、そのほかにも生活する上であると便利な効果も得られます。防音効果と断熱効果です。二重になっているので単純に外に音が漏れにくいという利点、そして熱はほとんどが窓から外に出て行ってしまうため、二重だとこちらも少しだけ暖かさを逃がさないという効果が得られます。

防犯のためにガラスを交換して備えよう

近年、テレビを見ていると、物騒なニュースを見聞きする機会が増えてきたと感じている人は多いのではないでしょうか。被害を受けないためにも、日頃から防犯対策をしっかり行うように意識することが大切です。たとえば、防犯のガラスに交換するという方法があります。一般的なガラスよりも割れにくいという性質を持っているため、被害を最小限に抑えることができるからです。日本では現在、こじ破りという手口で住宅に侵入されるパターンが多いと言われています。防犯のためのガラスに交換することで、こじ破りによる被害を防ぐことができるため、すでにたくさんの一般家庭でも取り入れられているようです。もちろん、実際に破壊試験を何度も繰り返し行っているものなので、安心して取り入れることができます。空き巣などの被害に遭って後悔しないためにも、早めに取り入れてみるとよいでしょう。