空き巣被害をガードする防犯用のガラス

防犯用のガラスは一見すると普通の窓と同じように見えますが、普通の窓と違い、硝子板が2枚使われており、さらに2枚の硝子板の間には特殊な樹脂製のフィルムが入っています。そのため故意に割ろうとして鈍器などで強く叩いても、窓にヒビが入るだけです。中に樹脂フィルムがあるおかげで穴が開いて貫通することはありません。空き巣は住宅に侵入する際、窓を割るという手口を好みます。窓を割るのは窓の施錠を解除するためです。空き巣はとにかく時間がかかるのを嫌がります。なぜなら時間がかかれば誰かに発見される恐れが高まるからです。空き巣被害に遭わないようにするためには、侵入が簡単にできないようにすることです。防犯対策として割れないガラスにしておけば、窓を割ろうとして何度も試しても簡単に割れませんので、結果として侵入するのに時間を要することになります。

住宅の防犯対策は窓ガラスにも忘れずに

空き巣が住居に侵入する手口を知っておくことが住宅への侵入を防ぐ最初の一歩です。防犯対策として有効なのがガラスに施す補助錠です。空き巣は窓を割って侵入する手口が最も多いと言われています。玄関は多くの人が注意して施錠しますが、窓は鍵をかけ忘れていることが多いのと、簡単に割ることができるというのが手口として多い主な理由です。通常窓には鍵が一つ付いていますが、それに追加して別の鍵を取り付けると空き巣は侵入することをあきらめるようになります。補助錠を付けることで錠を解除するという行為が複数回発生します。また補助錠を解除するために余計に窓を割らなければなりませんから、時間もかかりますしガラスを割る音も余計に発生します。空き巣が嫌がるのは、時間がかかることと音が出ることで、周囲の人に気が付かれる可能性が高まることです。

家の防犯対策で有効な窓ガラスの補助錠

住宅の防犯対策として窓ガラスに補助錠を付けるというのは、誰にでも簡単にできる方法です。住宅に侵入して金品を盗んでいく泥棒は、玄関よりも窓ガラスを割って侵入することが多くなっています。玄関に鍵をかけたから大丈夫と安心しきっていると危険です。防犯対策は窓ガラスにもしっかり施しておきましょう。補助錠を窓に取り付けるとそれだけ侵入するのに手間と時間がかかります。簡単に侵入できないと分からせるだけでも防犯には有効です。補助錠は市販で様々なものが売られています。取り付け方も非常に簡単ですが、窓のできるだけ高いところに取り付けるのがより効果的です。なぜなら高いところであれば簡単に手が届かなかったり、鍵を解除するために立ち上がらなければならなくなるからです。立ち上がると外から見られる可能性が高くなります。手間がかかるということに加え目立つということも泥棒にとっては嫌なことです。